心理面接について

 当オフィスで行っている心理面接(カウンセリング/心理療法)についてご説明いたします。


精神分析的心理療法

 "心には私たち自身にも意識することのできない無意識という領域があり、そこにある欲動・願望や信念、空想、葛藤や罪悪感などが私たちの考え方や感じ方、人との関係のあり方に影響を与えている"とする精神分析の考え方に基づいた面接の方法です。面接は曜日や時間などを取り決め、週に1回あるいはそれ以上の頻度で定期的に行い、心に思い浮かぶことを自由にお話しいただくというやり方で行います。このような設定や方法の中で、心という捉え難いものは私たち二人の関係の中で少しずつ感じられ、考えられ、理解されていきます。それは、心の苦しさやそれに関連していた何かが、安全な関係の中で考えられ、言葉になり、理解されていくという過程であると言えます。このような心の作業は長く地道な営みであると言えますが、心は少しずつ、しかし確かにその輪郭が描かれていくことになるでしょう。そして、そのような過程の中で経験され、考えられた様々な体験に伴う情緒は、その人自身の心の中によりよく収まっていくことと思われます。

 なお、様々な事情から週1回の頻度でお越しいただくことが難しい場合には、2週間に1回や月に1回といった頻度での心理面接を行うことも可能です。その場合も精神分析的な視点から心の理解に努めますが、無意識という心の深い部分へのアンプローチではなく、より意識的な部分へのアプローチが採用されます。


保護者ガイダンス

 お子さまの不登校や引きこもり、情緒面の不安定さ、家庭内暴力、自傷行為などで悩まれている保護者を対象に、お子さまが示す行動や心のありようについて理解を深め、発達や変化を促しうる、より望ましい視点や関わり方を検討するための面接を行っております。児童思春期以降の成人したお子さまのことでのお悩みもご相談いただけます。


オンラインカウンセリング

 オンライン会議システム(GoogleMeet)を用いたカウンセリングです。この方法でないと面接が難しいという場合に、その実施を検討いたします。