よくいただくご質問

 よくご質問いただくことと、それに対する当オフィスの考えを載せています。ご一読ください。


Q 周囲からカウンセリングを勧められたのですが受けた方がいいですか?

A あなた自身が「どうしたいか」だと思います。カウンセリング/心理療法は誰かのために受けるものでも、誰かに強いられて受けるものでもありません。あなたの中に「話を聞いてほしい」「自分のことを考えてほしい」「自分を見つけなおしたい」といった思いがおありでしたら、カウンセリングは意味のある手段となりうるかもしれません。

 

Q カウンセリングを受けてよくなりますか?

A 「よくなる」ということが何を意味するのか人それぞれ異なりますから、一概には答えられません。まず、あなた自身にとって「よくなる」ということがどういうことなのかを、お話をうかがい、明確にできたらと思います。いわゆる症状の改善であれば、それが心理的要因に根差したものであるのなら「よくなる」ことは見込めるように思います。そのような見込みが立つかどうかを判断するためにも、カウンセリング/心理療法の導入に際しては最初にじっくりとお話をうかがい、見立てを立てる作業が必要になります。

 

Q どれくらい通うとよくなりますか?

A 心という見えないものがどのように変化するか、いつよくなるのかといったことについて、明確に答えることは大変難しいことのように思います。なるべく早く、苦しさを伴うことなくよくなりたいという気持ちは理解できますが、私たちの心(考え方や感じ方、人との関係の持ち方など)は長い時間をかけて形作られ、維持されているものですから簡単には変化はしないものです。時間がかかるものだとある意味諦めをもっていただき、腰を据えてじっくりと、根気強く取り組まれた方が近道といえるかもしれません。

 

Q カウンセリングでは、ただ話を聞いてもらうだけなのでしょうか?

A 多くのカウンセリング/心理療法において、受容的な態度で傾聴するというのはカウンセラー/セラピストの基本的な態度であると思います。ただ、最初から最後まで「ただ聞いてもらうだけ」で終わることはないのではないかと思います。受容的な態度で傾聴することは私たちの基本的な態度ではありますが、それは何らかの目的があってなされていることだと思います。それはあなたがどう困っておられるかを理解するためかもしれませんし、時にはとにかく聞く必要があるから聞くという場合もあるかもしれません。いずれにしても、何らかの目的があって聞くのだと思います。その上で、カウンセラー/セラピストは何かを為すと思います。例えば、それはあなたが苦しんでおられる症状や問題についての理解を伝えることかもしれませんし、あなた自身にも自覚されていない(自覚したくない)あなたについての理解を伝えることかもしれません。今2人の間で起きていることについての理解を伝えることもあるかもしれません。カウンセラー/セラピストはしっかりと聞くことを心がけていますが、それはこのように何らかの専門的な行為を為すためだとご理解いただけるとよいかと思います。

 

Q うまく話せるか自信がないのですが…。

A 話す、言葉にするというのはとても難しいことだと思います。特に心にエネルギーのない時には、考えることもそれを相手に伝えたりすることも簡単なことではありません。また、「きちんと伝えなければ」という思いが強い場合にも、心という曖昧なものを言葉にすることには不安や不全感などがつきまとうものだと思います。カウンセリング/心理療法では、ゆっくりとじっくりと、その人自身のペースでお話しいただくことが尊重されます。また、自分自身の心やあり方について言葉にすることは、本来的に難しいものだと思います。「ちゃんと話さないと」と力まずに、話しやすいところから言葉にしてみてほしいと思います。

 

Q 子どものことで悩んでいるのですが、子どもを連れていくことができません。どうしたらいいでしょうか?

A まずは保護者の方にお越しいただき、どのようなことで悩んでおられるのかをうかがいたいと思います。お子さまについてのお悩みが家族関係に関連しているものと思われる場合には、お子さまの心の状態についての理解を伝えるとともに、どのように関わることが望ましそうかということについて考えることができるかと思います。また、お子さまについてのお悩みが発達障害の特性に関連したものであったり、強迫性障害や統合失調症など精神科的な支援が必要と思われるものであったりした場合には、より適当な医療機関や相談機関をご紹介させていただくようにしております。

 

Q なぜカウンセリングには定期的に通う必要があるのですか?

A 一般的にカウンセリング/心理療法を始める際、いつ・どこで・どのように行っていくかということが取り決められます。それは、心というとらえ難いものを何とかしてとらえるための必要な枠組みを設えるためです。私たちが星の動きについて観察する時に、毎日観察する場所や望遠鏡の位置・角度を変えてしまっては正確な星の動きをとらえることはできません。また、望遠鏡などの道具自体を日々変えてしまうことも、正確な星の動きをとらえることを難しくさせてしまいます。同じように、心をとらえようとする時にも、曜日や時間、場所などを取り決めておくことが大事なのです。このような取り決めの中で立ち現れてくるものから、私たちはその人の心を捉えようと考えているのです。

 

Q なぜカウンセリングを受けていないのにキャンセル料が必要なのですか?

A 2つの理由を挙げたいと思います。まず、私たちが話し合って取り決めたカウンセリング/心理療法の曜日と時間はその人のために用意してあります。取り決めた時点からカウンセリング/心理療法が終わる時まで、私たちはその曜日のその時間をその人のために空けておかねばなりません。それは私たちカウンセラー/セラピスト側の責任です。同様に、クライエントとなるその人自身には、取り決めた曜日のその時間に来ていただくという義務があると考えます。カウンセリング/心理療法に対する義務を果たしていただきたいという点で、当オフィスではキャンセル料を設けております。また、クライエントであるその人がキャンセルして不在であった場合でも、そのキャンセルの意味について私たちは考えています。たとえその人が不在であったとしても、その人と会うはずだったその曜日のその時間には、私たちはその不在を通してその人のことを考えています。そこで考えられたことは、以後のカウンセリング/心理療法の中で扱われるかもしれませんし扱われないかもしれませんが、キャンセルによってその日のカウンセリング/心理療法がないことになるわけではないのです。

 

Q 認知行動療法を受けたいのですが?

A 当オフィスは認知行動療法を専門としておりません。認知行動療法を専門としている医療機関や相談機関をお探しいただけたらと思います。以下のようなページが参考になるかもしれません。

 厚生労働省「認知療法・認知行動療法の届け出医療機関について」(https://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/cbt.html)

 

その他のお問い合わせはこちらからお願いします。